Mac で MAMP を利用する

● MAMPのダウンロードとインストール

https://www.mamp.info/en/
ここからダウンロードしてインストールする

● MAMPの起動

/Applications/MAMP/MAMP.app

こちらを起動して「Start Servers」を押してサーバを起動してください。

● MAMPのMySQLを使用する

.bach_profile に 以下を追加

# MAMP MySQL
export PATH="/Applications/MAMP/Library/bin/:$PATH"

ターミナルを再起動して

mysql -V

でバージョンが帰ることを確認する

mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.25, for osx10.9 (x86_64) using  EditLine wrapper

● MAMPの MySQL で rootユーザをパスワードなしでログインできるようにする

vi /Applications/MAMP/conf/my.cnf

my.cnf の mysqld の項目に次の1行加えます

[mysqld]
skip-grant-tables

これでMAMPを再起動してパスワードなしでログインできることを確認します。

● MySQL にアクセスする

mysql -u root -p

初期パスワードは「root」です。

mysql -uroot -proot

でもok

● MAMPのPHPを使用する

.bach_profile に 以下を追加

7.3.1 のところはバージョンによって変わります

# MAMP PHP
export PATH="/Applications/MAMP/bin/php/php7.3.1/bin/:$PATH"
php -v

正しいバージョンが帰って来ればOKです

PHP 7.3.1 (cli) (built: Feb  1 2019 12:26:46) ( NTS )

● MAMPのPHPを古いバージョン(5.6)に設定する

Finder から 「/Applications/MAMP/bin/php」へ移動し、MAMPで使用したい2つのバージョン以外のフォルダの先頭に「アンダーバー」をつけます。
その後MAMPアプリを再起動すると、「Preferences」→「PHP」からアンダーバーをつけなかった2つのバージョンが選択できます。
(有効なのは2つのバージョンまでです。)

コマンドラインの php も古いバージョンにする

.bach_profile に 以下を追加

# MAMP PHP
export PATH="/Applications/MAMP/bin/php/php5.6.40/bin:$PATH"


● MAMPの php.ini を編集する

Finder から 「移動」 →「フォルダへ移動」から

/Applications/MAMP/bin/php/php7.3.1/conf

へ移動して、php.ini を好きなエディタで編集します。

以下の項目をチェックしておくといいでしょう

display_errors = On
error_log = "/Users/ユーザー名/mamp/log/php_error.log"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8

memory_limit = 512M      ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB)
post_max_size = 512M


● MAMPの php で xdebug を使用して vscode でデバッグする

使用しているPHPのバージョンを調べて設定ファイルを開きます

vi /Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/conf/php.ini

php.ini の1番最後を次のようにします

zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20190902/xdebug.so"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_connect_back=1
xdebug.remote_port = 9000

MAMPを再起動します。

phpinfo でxdebugのバージョンを確認しておきます。(バージョン2系とバージョン3系があります)

VS Codeで「PHP Debug」をインストールします。

ブレークポイントを追加したりソースコードを開いて「F5」を押します。 launch.json がない場合は作成するよう促されるので作成します。 以下のようにポート番号合わせておきましょう。

 {
     "version": "0.2.0",
     "configurations": [
         {
             "name": "Listen for XDebug",
             "type": "php",
             "request": "launch",
             "port": 9000
         },
         {
             "name": "Launch currently open script",
             "type": "php",
             "request": "launch",
             "program": "${file}",
             "cwd": "${fileDirname}",
             "port": 9000
         }
     ]
 }

設定したブレークポイントのところでプログラムが止まることを確認すればokです


● Apache の設定ファイル httpd.conf を編集する

httpd.conf はこちらになります

/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

WEBアプリが動くようにする

AllowOverride Allに設定しておきましょう

<Directory />
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride None
</Directory>

<Directory />
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride All
</Directory>

ドキュメントルートは MAMP の 「Preferences」→「Document Root」から設定します。

/Applications/MAMP/conf/apache:196 は変更しません。

# MAMP DOCUMENT_ROOT !! Don't remove this line !!
DocumentRoot "/Users/xxxxxxx/mamp/eveforma_app"
No.1456
10/15 12:56

edit