人気のPHP WEBアプリケーションフレームワークLaravelのTipsを記録していきます

LaravelのBladeで パス, URL を表示する

● LaravelのBladeで public のパス , publicのURL を表示する

明示的に public ディレクトリを指定するときには asset('/') をおすすめします。

asset('/') はスラッシュ終わりの場合に最後にスラッシュがつきます。
url('/') はスラッシュ終わりの場合に最後にスラッシュがつきません。

{{ asset('/') }}
{{ url('/') }}

 ↓

https://YOUR-SERVER.TLD/
https://YOUR-SERVER.TLD

また YOUR-SERVER.TLD のところは、実際に駆動させているサーバ名 が入ります。( .env の APP_URL ではありません )

ファイル名まで指定する場合はどちらも同じです。

{{ asset('/assets/js/jquery-1.7.2.min.js') }}
{{ url('/assets/js/jquery-1.7.2.min.js') }}

 ↓

https://YOUR-SERVER.TLD/assets/js/jquery-1.7.2.min.js
https://YOUR-SERVER.TLD/assets/js/jquery-1.7.2.min.js

● その他のパス表示

{!! app_path() !!}
{!! base_path() !!}
{!! config_path() !!}
{!! database_path() !!}
{!! public_path() !!}
{!! resource_path() !!}
{!! storage_path() !!}
/PATH/TO/LARAVEL_APP/app
/PATH/TO/LARAVEL_APP
/PATH/TO/LARAVEL_APP/config
/PATH/TO/LARAVEL_APP/database
/PATH/TO/LARAVEL_APP/public
/PATH/TO/LARAVEL_APP/resources
/PATH/TO/LARAVEL_APP/storage
No.1347
06/12 10:10

edit